shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2017年02月15日

初級公務員 裁判所一般職試験について(^_^)


皆さんこんにちは

今日は大隅半島の高校へ公務員試験の各種情報を持って
ご挨拶に行ってきました
お忙しい中、お時間いただきましてありがとうございました

高校現役生のみなさん進路指導室には進学(大学、短大、専門学校)、民間就職の情報はもちろんですが、公務員試験についての情報もあります公務員に興味のある方は進路指導室の先生方に相談するのも一つの方法です
もちろん、東京アカデミー鹿児島校までお越し頂ければ、専門予備校でしかわからない情報も含めて詳しくご説明いたします

さて、今回は高卒程度公務員試験の中から
裁判所一般職試験をご紹介いたします✨✨

そもそも“裁判所一般職”と聞いて、
その業務内容を思い浮かべるのは
少し難しいかもしれません💦


裁判所の組織は大きく分けて2つあり、
『裁判部門』と『司法行政部門』に
分かれています。

裁判部門
各種の事件を裁判する裁判官を補助する組織です。
この部門に配属された場合、裁判所書記官の事務を
補助する役割を担うことになります。

司法行政部門
裁判所内の総務・人事・会計などの
業務を取り扱う組織です。
この部門に配属された場合は、
事務局の初級係員として一般事務に
従事することになります。

また上記の業務に一定期間在職した場合、
試験を受けて裁判所書記官になる道が
開けてきます

採用は全国8ヶ所の高等裁判所管轄区域
(東京・大阪・名古屋・広島・福岡・
仙台・札幌・高松)で行われており、
人事異動も原則では同一管轄区内です

(例)福岡高等裁判所管轄区域の場合
福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、鹿児島、宮崎、沖縄で
採用・人事異動が行われる

【平成29年度 高卒者区分裁判所一般職試験】
申込み期間
 
ネット:7月11日(火)午前10:00〜 7月20日(木)
 郵送 :7月11日(火)〜14日(金)

1次試験日
  
9月10日(日)


試験日は9月10日(第2日曜日)なので、
例年の試験のスケジュールを見ると
国会一般職や各都道府県または政令都市
各市町村等と併願も可能ですね
今のうちから早めの対策を
行っていきましょう

鹿児島校では毎日個別相談会を実施しております
ご希望の方は、事前にお電話にて
ご予約をお願い致します

オープンスクール・ガイダンスの
スケジュールはコチラ


鹿児島校☎099-227-3455


東京アカデミー鹿児島校
担当:内村
posted by 東京アカデミー鹿児島校 at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする